何か先へ進むためのノート
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Tree☆


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
タローデパリ 面白い♡
先日「あまり馴染めないかも?!」と言っていた
タロー・デ・パリ。

今日は『デイリー・レイアウト』の他にも
『ファン・レイアウト』『スキャン・レイアウト』などを何回かやってみました。

質問に対して出てくるカードと自分の反応が
予想以上に息が合っている感じがするというか
これって共鳴とも言えるような?! そんな感覚に陥り
つい夢中になってこんな時間になってしまいました汗


カードと対話する・自分の無意識と向かい合うって
こういうことでもあるんかな、と思えた一夜でした。
うむー面白いです。



オラクルカード・タロット / comments(0) / - / バオバブ /
タローデパリの本
昨年、タローデパリのカードを購入したときには
日本語版の本、まだ なかったよね…よね^^;?
カード、いつ注文したんだったかな?と思って
調べてみたら11月中旬だった汗


当初、カードにはすごい簡単な冊子がついていて
カラーコピーを切って折ってホチキスでパチン、みたいな…
申し訳ないけれど読んだらますますやる気がなくなるような
そんな仕上がりのものだった。


その後数ヶ月、このカードにはご縁ないのかなぁ
セミナー受けたい程の情熱も湧いてこないしなぁと
眺めるだけの日々がすぎていきましたが
最近、ちゃんとした解説本が日本語訳で出ていることを知って
早速注文してみたら今日届きました。

これがないとやっぱりリーディングできない。。
やっとカードが使えそうで
とりあえずよかったぴかぴか


日本に向けての解説本を作るにあたり
カードの図柄も鮮明度が増し、紙質も向上したようです。
私のはそれ以前?それ以降?とふと思って
マターの4というカードがWeb上の画像と違っていて
日本語約の本と同じ図柄だったので改良後のカードなのだろうか。。
どっちでもいいけど


先日、毎日マヤ暦のKIN日記をつけることにした、と
ブログに書きましたが
併せてタロー・デ・パリの「デイリー・レイアウト」も
続けてみようかと思います。


どちらも共に
その日にはどんなエネルギーが流れ
自分自身と周囲の環境にどんな影響が表れるのかを観察するツールとして
ただ漠然と日々を過ごすのではなく
無意識の中に意識を観るような
直感能力を発揮して いろんなものの間にある関連性を見抜く能力を養う
そんなトレーニングの毎日になりそうです。



とりあえずやってみたもの

【メモ】


【バースイヤー】生涯を通じてのテーマ、性格特性、才能、課題など

7:CHARIOT 戦車 ”すべては道”



主題:的の絞られた意欲
「今やセルフ(自己)は成人し、自らの運命の手綱を引いて走り出す準備は整った。」

セルフコントロール(自己抑制)と賢明なアドバイスで成功の約束。
意志の力、チャレンジを求め、野心を持ち、成功を求めて行動し明確な目的意識を持つ。外的・内的バランスを。




【タロットイヤー】その人のバースイヤーと現在の年齢の相乗的な影響をみる

20:THE ANGEL エンジェル ”すべては帰る”



主題:未来を迎え入れるために、過去を許し、手放すこと。魂の道、許し。

人生の一つの段階が完結する、許しを表現する、真剣に自己評価をするとき、他の人が人生という迷宮の進み方を理解するのを手助けする、自分にとっての天国への入口に辿り着く。

浄化の期間を経て進歩が見られたこと、あるいは衝撃的な決断の後に未来への新しい可能性が開かれる。

「エンジェル」は進むべき道を示す。
決意に必要な準備をし、負債を返済し、揉め事をかたづける最後のチャンスのとき。

許すとは、意識的に現在を肯定し、過去の出来事にしがみついているマインドを解放し、その上で人生を生きて行くということ。

人生で本当に大事なものは何かをはっきりさせ、それに従って生きるように。
霊的な出来事、魂の突然の覚醒を示すカード。



ふぅぅむ
なんだかそんな感じだ、という結果です。
特に2009年タロットイヤーは ドキッとするほどそんな感じのカードです。

文章は本を一部引用したものに留まってますが
いずれ自分のインスピレーションも加えてリーディングできたらいいですね。


ただ カードがデカイから 手がつりそう^^;



出し方は数秘の誕生数の出し方と同じなのかな。
というかタロットはカバラからきているのか。
カバラ数秘術について面白いサイトみつけました。→ その日記



このバースイヤーの出し方。
上のカバラサイトにも誕生数としてあるけど
たとえば今日の日付でいくと
2009年2月9日 生まれの人の場合

2+0+0+9+2+9=22

ありゃ、ちょうど22だぴかぴか
バースイヤーが22の方は、少しめずらしいのだそうです。

こうやって1桁づつ生年月日の数字を足していって
合計が22までの人はそのままの数字を使って
23以上の数字になった人は、またその数字を1桁にばらして足し、
22より小さい数字にします。

これで出たのが、その人のバースイヤー。

本を読んでてちょっと面白かったのが

この誕生数が1桁の人は、物事をありのままに受け取る傾向があって、現在における役割や責任とより深く関係しているのだそう。過去生にまつわる問題は、日常生活においてはさほど大きな影響はないらしい。

そして誕生数が2桁の人は(10〜22)どちらかといえば複雑な人で、そのうち10〜22になる人は、過去世の経験を今現在の現実に統合する必要性が高いでしょう、とありました。



ふぅぅむ
なんだか興味深いお話です。



そんでこちらは上のカバラサイトにあったのですが
<奇数と偶数の違い>

一般的に、奇数と偶数では性格が少し異なります。

奇数の人は物事を頭で考え感情を切り離すことができますが、偶数の人は自分の感情に正直です。そのため奇数は奇数と相性が良く、偶数は偶数と相性が良い傾向がありますが、どちらが優れているわけでもなく、長所・短所はあります。


引用ページ → コチラ


この数字は、人だけでなく自然界や社会の出来事にも対応しているそう。
確かにそうだ、数字、やっぱり面白いなぁ。





日本語版 タローデパリ:HP

こちらですべてのカードの画像を見れます
・大アルカナ → コチラ
・小アルカナ → コチラ

タロット:タロー・デ・パリのカードと本の販売ページは →コチラ




オラクルカード・タロット / comments(0) / - / バオバブ /
カードを和訳してみる




今年はじめに手元にきたカード
「Medicine Cards」アニマルメディスン・カード

いつもならカードが届くとすぐに遊び始めるのですが
正月明けというのもあってか
なにしろ英語版だしプシュー
しばらくスプレッドを広げることもありませんでした

しかーし
気になる気になる(笑

ちらちら見てはカードを手にして
また仕舞う

やっと時間もとれそうだし
ここらで一気に訳してしまえ!!

と、エキサイトの翻訳を使って
地道に英文を打ち込んでは和訳するという作業に入りました。
英文をスキャンしたら和文になるっていうソフトとかないんかな…
打ち込む方が早いか?!
これで出てくる和訳もおかしなところがあるので
そこからまた地道に手直しになりそうです汗
それでも何となくいいたいことがわかるから
しばらくはこれで!


かなり地道ですが
この英文を打ち込むという作業
結構 面白いぴかぴか ← いまのとこ(笑


各解説ページを訳し
今は「The Nine Totem Animal」に入っています。

訳し終わったら早速スプレッド並べてみようかな♪





オラクルカード・タロット / comments(0) / - / バオバブ /
ダ・ヴィンチ・タロット
11/30に入った本屋さんで偶然みつけて
即買いしちゃったタロットカード。




”ダ・ヴィンチの素描をまとめたもの”というのもなんとも魅力的。
ダ・ヴィンチについて様々な視点からみつめたお話も面白いです♪

タロー・デ・パリも独特で綺麗だけど
私はデジタルよりアナログな感じの方が馴染みがいいのかしっくりきています。
このタロットは観賞用としても欲しいなぁと思いました。
ダ・ヴィンチの有名な絵画はよくお目にかかれるけど
こういった個人的な素描なんて今までそんなに見かけたことなかったなぁ。

仕上がりはドリーンさんのオラクルカード程丈夫ではなくて
どちらかというとトランプのような感じ。
それで¥1800だったけど高くは感じなかったです。

タロットといっても独自の解釈も入っていて
大アルカナの一部は独自のタイトルがついていたり
小アルカナのスートにあたるものも、空気・火・水・土に。
この辺はタロー・デ・パリに通じるかな?

スプレッドも多様に独特で
中にはカードの模様面も使ってリーディングする方法もあります。
神聖比率とか多面体など数学的な側面もあり。

まだ実践していませんが
ダ・ヴィンチの言葉を反芻しながらじっくり向かいあってみたい
とても哲学的なカードに感じますぴかぴか

オラクルカード・タロット / comments(0) / - / バオバブ /
日本の神様カード 9/15
「なにみえ遠足上級編チャレンジ この3ヶ月について」

伺ってみました。

現状と神様からのメッセージの2枚引きです。
1枚目 ) 現状…事代主神(ことしろぬしのかみ)
2枚目 ) 神様からのメッセージ…火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)
追加3枚目 ) 飛び出しカード…「予備用でもある1枚、産土神(うぶすながみ)」


まず、1枚目:現状…事代主神(ことしろぬしのかみ)
テーマ:大いなる安心感、長い目でみる、与えられている時間に感謝する

「ほっとしていいのです。私があなたの旅の安全を約束しましょう。
焦ることはありません。目先に囚われることなく、ゆったりと寄せては返す
波のように、のんびりと物事を長い目でとらえましょう。
そして言の葉を集め、知ることです。」

宇宙の理を表す母体、ソースのエネルギーが降りてきているから大丈夫。
この旅をゆっくり安心して続けてよい。
高い視点から今を眺め、焦らず真理を見つめよ。
今、与えられている時間に感謝して旅を楽しんで。
また気がついた本を手にするように。正しい知識は「安全」に繋がる。


すごいですねぇ、まさに今は旅の真っ最中。
心境もそのとおり。
一期生やそれ以前の過去トピは安全な旅に必要な正しい知識でもあります。
「気になる本・知識」ていうのもドキッとしました。
現状に沿った返答で、ほんとにそうだねっていうところも。
なんかこう、深いところに降りてくるカードでした。



つづいて、2枚目:神様からのメッセージ…火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)
テーマ:炎の浄化と創造、カルマの理解と癒し、許すこと

古き縄を焼き、新しい縄を綯(な)いなさい。
縄は縛るものではなく、人と人をつなぐ輪となるでしょう。

この神は冷たい炎で時空を超えた人と人との解決するべきカルマを、
私たちを過去に結びつけるエネルギーの縄を燃やしてくれます。
相手と自分自身を許して、新しい関係性を創造してください。

家族や自分のルーツを大事にするように。
故郷に帰って安らぎ、懐かしい風景で元気になりましょう。
この広い宇宙でお互いに出逢えた奇跡に感謝を。


なんとなくシルバーバイオレットフレイムのような神様です。
炎の色も激似。
それにしても、こちらも深〜いところにぐっときます。

きっと何かのご縁で出逢った今回のなにみえ遠足参加者100名。
カルマの結びつきが強い人も中にはいるのでしょうか。
ちょうどこの3ヶ月の間に帰省をするのですが
親子間もそうだし、親戚友人との縁なども改めて感謝することになりそう。
大切に振り返り、長く続くものは大事にしようと思っていた矢先でした。
人への許し、自分への許し。
ううむ、なるほどーぴかぴかなカード。


そして、3枚目: 飛び出しカード…「予備用でもある1枚、産土神(うぶすながみ)」

これは予備用の1枚でもありながら、自分が産まれた土地を守護する神様でもあり、
現在住んでいる地域を守護する氏神さまを表すカードとのこと。

最近リーディングして頂いた方のお話も含めると
今住んでいる土地は縁の深い土地だそうで、この地域をもっと探ってみると
何か見えてくるかもしれません。


幸先のよい繋がりを感じられるカードリーディングでしたぴかぴか
オラクルカード・タロット / comments(0) / - / バオバブ /
Wait 」のカード
このごろ、パワーストーンに関心があります。
物欲&他力本願に陥りやすいのでは…と
敬遠していたものではありますが
向き合い方を間違わなければ持っていてもいいのかな?!
とも少し思ったり。

欲しいなぁと思ってしまうものは
原石クリスタルの「レコードキーパー」「カテドラル」「ライトニング」「レムリアン」「ファントム」。

しかし、いまはお財布に余裕もないし
勢い余って購入ボタンをぽちっと押す気にもなれないし
実店舗へも足が向きません。

パワーストーン。。
自分を補助して高まる手助けをしてくれるような
そんな自分に合ったものを手元に置いてみてもいいのだろうか?!

と、その時ふと思い立ったので
ここでちょっとオラクルカードを使ってハイヤーさんに聞いてみよう♪と
ドリーンバーチューさんの「Marmaids and Dolphins」の箱を開けてみました。
最近のクセで、カードを切る前にカードの一番下を見る習慣がついています。
つまり前回カードを使って仕舞う時に一番下にくるカードを見ることになります。
なんとなく、毎回次回へのメッセージがあるような気がして。

今回一番下にあったカードは「Wait」
文字通り、「ちょっと待って!」びっくり

落ち着いてカードを切ってみようと切り始めると
ポロリとテーブルに落ちたカードが一枚。。
(このポロッと落ちたり飛び出すカードも大事らしい)

裏返してみると「Wait」なのです汗

あぁ、もうこれは今は買い時ではないということだ。
ということでカードをしまった次第です。


オラクルカード。
それを使う場所や空間が不潔だったり、本人も汚れていたりすると
何か高次ではない存在が近くに寄ってきて正しいメッセージが降りてこないと
言われます。または、高次のふりをしておかしなメッセージを伝えてくる。
なので最近では
「私はこのオラクルカードを通して、私のハイヤーセルフからのみ
メッセージを正しく確実に受け取ります」と宣言してからカードを楽しみます。

それでも出てきた結果は100%鵜呑みにせず
ひとまずは心にとどめ、あるいは軽い気持ちで眺めます。
それはとても為になるねぴかぴか!本当だね!というメッセージは
素直に取り入れます。
大事な内容を決定する時は、オラクルカードはひとまず使いません。
自分の内なるものと相談です。

それでも時々遊びたくなる魅力のあるオラクルカードぴかぴか
なんといっても、内容がすべてポジティブですからぴかぴか





オラクルカード・タロット / comments(0) / - / バオバブ /