何か先へ進むためのノート
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Tree☆


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
アトランティス、レムリア、ムー
最近、クリスタルと併行して
古代大陸のことが気になります。

消えた3大陸の謎。
アトランティス
レムリア
ムー

さっき久しぶりに黎明さんブログを遡っていて
見かけた昨年の日記です。
【コチラ】

引用させていただきながらメモしてみます。

【アトランティス大陸】ギリシャを中心とする地中海、アドリア海、エーゲ海、黒海
          に面したエリア、南欧、中東の一部、北アフリカ一部のエリア
           ・B.C5万8千年頃/5〜6次元の異星人がアテネ辺りに
            飛来。その後、大宇宙船に乗って続々様々な異星人が移住
            人口5万人位
           ・B.C4万8千年/天変地異に由り没落 
           ・B.C2万8千年/3〜4次元レベルの国復興 
            人口11万人位
           ・B.C1万9千年/天変地異と内戦に由り没落
           ・B.C1万2千年/3〜5次元レベルの現在のギリシャに
            似た都市国家が続々。飛行機もあったようだ。
            人口83万人位。
           ・B.C9千年/かなり物質文明が進み、傲慢になり、神や
            太陽さえ冒涜する始末で、バベルの塔の神話の如き状態と
            なり、地球の逆鱗に触れ、ある日、天に巨大爆発が起こり
            地殻変動で水没。この生き残りは、1、000人位。
            この生き残りの末裔が、スフィンクスを建立し、アトラン             ティスの秘密をそこに隠したと謂うことだ。

【レムリア大陸】インド、アジア大陸辺り
        ・B.C2万7千年/元もとの地球人が大勢を占め、僅かに5〜6次
         元の異星人との原始的暮らし。
        ・B.C1万2千年/狩猟、採集し放題で、土地が衰退と天変地異で
         食料危機を経て没落


【ムー大陸】オーストラリア、ポリネシア辺りで、レムリアの分派とも謂え、
      よく似た感じ。
      ・B.C2万3千年/現在のタヒチの暮らしのような感じで、平和に
               暮らしていた。
      ・B.C1万1千年/海水面上昇で水没。



今の地球にも人間にも当てはまるところいっぱいありませんか。
自分さえよければいい。
今さえよければいい。

自分もまだまだそうだし、まわりの人のさり気ない生活ぶりを見ていると
これではだめだ、間に合わない…って焦ります。
「エコを知っている」んじゃなくて「エコをやっている」に
ってどこかのCMであったっけな。
そんな日常のさりげない言動を見つめ直してみようではありませんか。




最近見つけた興味深いサイトさん
【こちら】

【クリスタルは答えを持っている】
”地球は今の地球だけではなかった…”
過去7回、太陽系の地球として誕生しながらにして失敗をしてきた地球。
そして次の地球はない。

前の地球が火星である。とあったのもこちらのサイトさんだったかな。

かつて天動説が正しいと思い込んでいた時代において
実は地動説が正しかったというような驚き。といいますか
何が真実かなんて私にはわかりませんよ
でもまだ未知のことはたくさんあって
今までの自分の中での常識が覆される瞬間って驚きとともにワクワクしてきます。
たとえこれから起こることが幸せな結末だけではないとしても。

自分のルーツは何なのだろう。
そんでもって宇宙の真実が知りたいです。






アトランティス、レムリア、ムー / comments(0) / - / バオバブ /