何か先へ進むためのノート
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Tree☆


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
クリロズ・まったりの会 ?!
 久しぶりの日記ですが


最近ではブログやmixiも覗く余裕がないほど
目の前のことに集中する時期が続いていて
なにみえ繋がりとも距離を置くような生活だったので
眠る前にクリロズに行っているビジョンが見えた時は
少し驚いた。

1日の疲れを感じながら
布団の中でウトウトとし始めた頃で
「あれれークリロズで何か集まりしてるのかな」って思いながら
ビジョンが進むままに、クリロズ散策を進めていた。

芝生で白い縦長テントみたいのが見えたような気もするけど
なんだか穏やかで楽しそうな雰囲気でした。
詳細は忘れちゃった。


さっきやっとmixiを覗いてみたら
6.30にまったり会をされていたみたいですね〜

意識が上にいってたタイミングも
その頃だったなぁ…と


行きたかったんかな、私。





ぜんぜん関係ないけど
最近「チェーザレ 破壊の創造者」惣領冬実 著
を読んでいます。
スペイン団に注目中です。

この頃の欧州歴史もの
なんだか気になるんだよなぁ






浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(0) / - / バオバブ /
クリロズ 個室の様子
なにみえ2期生を卒業したのが
11月30日かぁ…

あっという間に2ヶ月がすぎました。

卒業してしばらくは
なにみえモード全開風だったですが
それから少しずつ何かが落ち着いてきて
ときどき気が向いた時に
クリロズの個室に意識を向けていました。

ここ最近の部屋の様子は
宇宙の中に青々とした芝生が生い茂っていて
滝から水が流れていたり小川があったり
小鳥のさえずりも聞こえてきそうな
そんな気持ちよい空間です。

端末の机とかベッドも
芝生や苔のようなものが段差で生い茂っているような感じで
一見そこに端末とか家具がないように見えます。

端末をいじるという意識もなく
その部屋をイメージして知りたい情報にアクセスしようとしたり
部屋にいる あれはハイヤーさんかなぁ
いつもいるフクロウさんに挨拶したり
そんな瞬間的な利用が多いです。






浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(0) / - / バオバブ /
「聖獣ランド」訪問の感想
りとる・すのーさんにご招待いただきまして
聖獣ランドの様子を見に遊びにいってきました。
聖獣ランドの詳細はりとる・すのーさんのブログにて
こちら

<ご注意>
一般公開はされていません。
無断で入る事もできないそうですので、チャレンジはお控えください。


メンバーは、りとる・すのーさん、ローズまりあさん、ミトハルさん、と私の4人。
まずは4人くらいがお互い認識しやすくて動きやすい人数だね〜という感じで。

私も浮き島のビジョンを見ているのですが
最近意識を飛ばしていなくてその実態はまだわかりません。
願望で作ってしまったのか汗
ローズまりあさん企画のイベント「クリスタルローズガーデン」で戴いた鍵。
これも何か関係があるのでしょうか。

妄想じみた感想です。
私のフィルターですし、聖獣ランドには行けたと思うのですが
ほとんどノーヒントの状態ですので
軽〜い気持ちで読んでみてください。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆


お風呂で瞑想開始。
マイドラのゴルゴンゾーラにも「一緒に行くか〜い」って誘ったら
ワクワクしてそうだった♪


【聖獣ランド訪問】

意識を聖獣ランドに飛ばす。
高台の岩場に到着。
草原が見渡せる場所のよう。
りとる・すのーさんがそこに足をぶら〜んとさせて
私に背を向ける状態で座っていて下方の草原を眺めている。
全体的に白イメージ?
背中に小さな羽がある様にも見える。
ドラちゃんのコスチュームかな?!とも思う
コスチューム続いてるのかな(笑  と少し微笑ましかった

こんにちは〜久しぶりです!
とか言いながら私も隣に座って草原を眺める。

ローズまりあさん、ミトハルさんの姿も確認。
ローズまりあさんはピンクっぽいイメージ
ミトハルさんは黄色のようで所々オレンジな感じ。
私は即席でネイティブインディアンの格好をイメージしてみましたが
どうだったでしょう。
肩にはパワーアニマルのフクロウさん連れてたような気もします。

最近どうですか〜とか
ローズまりあさんのドラゴンガーデンの話とか浮き島の話。
(施設の中の見取り図の話とか龍神さんの見た目とか聞いたかも)
クリロズ、アカデメイアの話とかしてたかな?!


しばらくしてから下の方に降りてみようということになって
みんなで手を繋いでそのまま小さな断崖絶壁みたいな丘からふわぁ〜っと舞い降りたような気もする。。。宇宙ステーションでは飛行禁止だったから飛べるっていいね♪とか…

降り立った草原はサバンナのよう。
緑がうっそうと茂っているというよりは
草地に岩場もあったり原生の植物や花みたいなものあったような。
手入れとかはなく、そのまま自然に植生がある感じ。

白いペガサスのようなユニコーンのような馬が近くに来てくれる。
アカデメイアのコメントを思い出す。
ペガサスとユニコーンが交わってできた子供を「アリコーン」と呼ぶんだったなぁ。。
これはアイリコーンなのかペガサスなのか。。
その時、原生ぽいピンクのバラが足元に浮かびました。
クラシックな感じの綺麗な八重咲きぽかった。

辺りをウロウロしてみる。
鳳凰のファミリーがいたような。
卵を孵しているようだった。
孔雀のよう。
色は赤を主色にオレンジ、黄色が強いイメージ。

キリンが浮かぶ。
キリンて麒麟?! 見た目は動物のキリン。。。
「サファリパークじゃないんだからっ汗」と自分にツッコム下の私。

聖獣?動物のようなものたちはサバンナのようなちらばり具合みたい。
それぞれ草を食んだり、仲間とたわむれながらマイペースな動きをしている。
(追記:感想書き終わってからりとる・すのーさんが記事アップされてたので
読ませてもらったのですが、そうそう♪「野生の王国」まんまですね(笑 ) 



樹齢も随分たってそうな樹が目の前に。
そこから? 長髪の白っぽいロングコートのようなものを羽織った
(下の着物もロング。ギリシャ、とも違う、どこか宇宙的)
男の人らしきものが登場。白い肌。
体格は大柄ではないが肩幅もありガッシリした感じ。
髪の色は、淡い青銀のような緑銀のようなそんな感じがする。
額に何か石の飾りものをつけている。
最近、私の過去生でアトランティスに居た頃の男性像があるのですが
それに似てると思いました。(その影響か?!)

何かみんなに向って話していたような気がするんだけど
内容がわかりません。

そのあたりで「ゴブリン」とか「パンダ」みたいな言葉が浮かぶ。
ゴブリン?精霊?とかもいるのかな。
パンダに似た聖獣がいるのだろうか…と思う。


その後島めぐりが始まったのだろうか
ペガサスのような馬にまたがり空を飛ぶビジョン。
4人一緒に飛んだかはわからない。

途中、「オレンジ畑」が見える。
1人で気軽に手入れができそうなくらいの広さ。
そこでそれを栽培してるらしき人のようなものが。
丸い麦わら帽をかぶっている。
こっちに気付いたようでもあり、上を見上げている。
ミレーの「落穂拾い」の絵が浮かんだ。



その絵の中に書かれているような服のイメージが浮かんで
牧歌的な雰囲気だった。
誰か住んでる?
家のような建物もありました。
近代的なものというより、西洋の田舎にありそうな
落ち着けそうな自然の素材を使った建物。
ここで聖獣の観察とか研究してるのかな?!ともよぎったけれど
はたして聖獣のいる次元と同じなのか
同じ浮き島なのかわからないけど
飛んでる時に見えたビジョンです。
なんでオレンジ畑なのでしょう。


視野をあげると
遠くに湖のような海のようなものも見える
光の反射でキラキラしている。
その回りはもっと緑が濃く、森もある感じ。
そっちはジャングルっぽい。

ビジョンは切り替わり、辺りは漆黒の闇。
陸地?と思われる割れめからは真っ赤なマグマがのぞいている。
何かの創世期?
地球なのだろうか、この島なのだろうか、わからない。
その後みえたのは、大雨降る空中を球体のバリアに囲まれながら
ペガサス馬と一緒に飛んでいるビジョン。
このビジョンも併せて「創成期?」と思う。

その後、海辺に着く。
綺麗な砂浜と青い海。

海にはおでこや頭頂あたりからツノの生えたイルカのようなクジラのような生き物がいた。
空には恐竜時代にみるような大形の鳥類が優雅に飛んでいる。
そのずっと先には山も見える。
ゴツゴツ岩肌がのぞく荒々しい火山のよう。
あそこからフェニックスが産まれるのかなぁと漠然な感想。


その後、最初に集まっていた草原に戻ってきたのだろうか。
みんなで輪になっていろんな話をしたり
歌を歌ってのんびりしていたようです。

後半、もうちょっと何かあったような気もしますが
こんな感じの感想でした☆

清らかな雰囲気漂う、心地のよい素敵なところでした。


ノーヒント、緊張しますね〜
貴重な体験、ありがとうございました☆





浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(6) / - / バオバブ /
アカデメイアでのビジョン「エネルギー交換」…なのかな
半分ツブヤキです。


12月4日に見たビジョンのひとつ。
この日記のカテゴリもどこにしたらいいのやら。

聖さんのブログが更新されていたので何となく目を通してみたら
とてもタイムリーなお話をされていて
これはシェアさせていただかねば…と思った次第です。
なので思いきってアップしてみます。

それは「エネルギー交換」について。
聖さんの記事はこちら


最初そのビジョンを見たときは
「なんで突然こんなビジョンが?! これ…書けないよなぁ…さすがにまずいのでは?!(公には書けないな、という意味で) と、とりあえず胸の中に留めておこう…」と思ったものでした。



アカデメイアやクリロズ(も入るのかな?)の存在した頃の時代や場所では
このエネルギー交換なるものは「互いに光となってひとつに溶けあう」(文字通りお互いのエネルギーを交換しあう)ものもあり、「快楽やパワーのみを求めるセックス」というものもあったそうで私が見たビジョンがどちらをさすものかは今のところわかりません。

ただこの記事を読んだ時に、感じるものがありました。
「あれはエネルギー交換の光景だったのかもしれない…」
記事によると「クリスタルローズガーデンに行き始めたり、2階の個室で自分と向き合うことを始めたりすると、自分の守護存在やハイヤーセルフなどとこの「エネルギー交換」を行うことも、実は自然な流れだったりします。」ということでした。
そういうことなのかもしれない。


3次元的フィルターで感じたビジョンならいろいろ書けるけど
実際には誰と誰なのかもわからないし、性別も定かではなく
見えた様々なビジョンは、それぞれ同じ時代や場所なのかもわからないけれど
(いろんな記憶が交錯しているようでもありました)
その人たちは深く愛し合っているようにも感じられました。

ここでいう愛というのも3次元的な解釈だけではないような。
もっと懐の広く深いもの。
3次元的なフィルターを通して観るビジョンや感情に振り回されると
解釈もだいぶ違ってくるのだな…奥が深くて面白いなぁと感じた瞬間です。

実際はどうなんでしょう。
今世ではない昔の時代・場所での概念というものをもっともっと知りたいと思うこの頃です。


この記事をシェアしていただいてとても有り難いです。
ありがとうございます。



いまのところそんな感じです。

関連記事:「アカデメイア 1st チャレンジ」の記事






浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(2) / - / バオバブ /
アカデメイア1st訪問の追記
「今回の再開のヒントになるものを
あなたに分かるように残しておくわね♪」

上での私らしき女性がそう言った。

聖さんらしき男性に言った言葉なのか
私へのメッセージなのかわからないけど
余裕のある可愛らしげな素振りで悪戯をしかけたわよ♪という感じだった。


その後、私にとってはハッとするような
ヒントに繋がるような、どうしてもそこに意識が向うような
発見や気付きがあります。



浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(0) / - / バオバブ /
クリロズ1st訪問での追記
最初このビジョンを見た時
なんで壁の中に?!って思ったんだけど
どう思い出しても
2階へ行く時シュリカンさんが壁の中に入っていったんですよね。

それに続いて私も壁の中に入っていった。
そしてたぶん入っていった真上の(?)2階部分に出て
そこから歩いて2列めの廊下を右にいった2、3部屋左側に案内された気がします。
廊下は1本じゃなかったような。。


そんな追記です。


<追記2> 12.13

「いとこ」という概念。
お話を伺ってみたら、3次元とはまた少し捉え方が違うようです。
こういうお話を伺えるのがとても面白い。





浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(0) / - / バオバブ /
私の浮き島へようこそ☆
って言ってみたい(笑

今日歩きながら思いを馳せていたら
「私にも浮き島があるかもしれないぴかぴか」と閃く。

嬉しい「いやいやぁ〜それはどうなの?」ていう私に
ぴかぴか「いや、あるよ!あるんだってば!」という声が聞こえたような…汗
嬉しい「あるんだってば。だって(笑 すごい断言してるね〜」
ぴかぴか「だってカイルが!…(ハッ!)」(その声、ハッとなって言葉が詰まった感じ)
とかって聞こえてきたんですけど?!

カイルって最近目にした名前だよなぁ…って
クリロズの歴史見返したら、たんたんさんのハイヤーさんのお名前と同じ?!

はは〜…まさかね
そこまで都合はよくないでしょう。

でも確かにカイルって聞こえてきた。
他にもカイルっていう名前の人?存在はいらっしゃるだろうと思う。
誰なんだろう。。気になることが芋づる状態です。



話は戻って、私の浮き島ぴかぴか 夢の浮き島ぴかぴか

イメージしたらこんなビジョンが出てきたよ。

私も旅行で行った事のある
マリーアントワネットのプチトリアノン。
その中にある「王妃の村里」の風景に似たような景色。
こんなところで暮らせたら幸せだろうなぁぴかぴか












↑ すべてWebより拝借画像です。

写真より家と木々がもっと密集してる感じです。
宮崎駿作品に通じますね。



「王妃の村里」
農村に見立てた小集落でアヒルやヤギを育て、ハーブなど自然を愛した晩年のアントワネット。子供を生んだ後の彼女はそれまでの豪華な服装などをやめて色合いも素材もナチュラルなものに、香りもハーブなどを好んだそうです。



ツリー世界樹へ繋がる木もあって、バオバブの森もあって
綺麗な小川や澄んだ湖もあり、精霊さんやパワーアニマル、天使さんも住んでいる。
畑で自給自足をして、ハーブ園やお花畑がたくさんあって
動物と一緒に住み、豊かな自然に囲まれながら植物・動物・環境に関する研究とかしてたりする。
そんで芸術なんかも深められたりしてぴかぴか

そういうのいいねぴかぴか




<追記:12.13>
【その後の追記】
その後お話を伺ってからのちょこっと追記。

・「ツインソウル」だと同じハイヤーさん。ということでもなく
 いろいろな場合があるようです。

・「カイル」という名前、深い関係があるかどうかは
 これからじっくり見つめていこう〜という感じです


浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(2) / - / バオバブ /
クリロズの個室って…
ひとりごとです。

今日もクリロズやアカデメイアを行ったり来たり。

クリロズの個室の端末からアカシックに繋がって
自分の過去生を探っています。

ふと思ったのだけれど
クリロズの個室がテレポートのように思えてきました。

クリロズの個室からアカデメイアに行ったり
過去生の時代に行ったり。
実際は過去生を見ているといった方が正しいのか。

アカシックはずっと見たかったので
このような場をいただけて本当に嬉しいです。
どうもありがとうぴかぴか


そういえば、いただいたお部屋の鍵が
右の手の平に入っているみたいです。
右手をドアにかざすと鍵が開くようです。

浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(2) / - / バオバブ /
アカデメイア 1st チャレンジ
前日のクリロズ1stチャレンジに続き
アカデメイアへ初めて行ってみました。

12月4日の日付に変わって深夜2時前。
またお風呂での瞑想。


宇宙ステーションへは行かず
直接「アカデメイアへ繋がる」イメージをしてみる。

自然広がる野原?に着いた様子。
斜め右方向に建物。
斜め左方向に世界樹が見える。

世界樹行きたいな〜と思いつつも
「根源の部屋」をイメージしてしまう。
このお部屋すごく気になるけどなんとなく怖そう^^;

すると、グィィ〜〜〜ンとどこか暗い部屋に吸い込まれるように
入っていってるみたい。
「ここって…根源の部屋…いきなりここか…
ちゃんとドアから入って執事のジェームズさんにご挨拶したかったなぁ〜と
ぼんやり思う。

クリロズでは頭頂にぐっと圧力を感じたけれど
アカデメイアは押される感じというよりは、ひっぱられる感じ?!
海中深くに潜るようなそんな圧力に似てるだろうか。。
しかもぐわわ〜〜んと頭が回り、動悸も激しくなってくる。
こういう体感は初めて。
クリロズよりもアカデメイアの今日来た所の方が高次元なのだろうか。


その途中で見えたビジョン。
丸みを帯びた石を5〜6段重ねた土壁?の家の窓から見える風景。
(ちょっとグロテスクです ↓)
目をぎょろっとさせてこちらを見据えている鮮血したたる人間の首が3体。
その隣に魔女のような格好の老婆が口元をニヤつかせて座っている…
というなんとも不気味なビジョンでした。
私があの魔女? それともあの死体の首か?!また魔女?!

強烈だなぁ…と思っていたら
誰かが暗い中、私の手をひっぱってどこかへ連れて行こうとしているみたいで
「このまま連れて行かれたら戻ってこれるのだろうか…」
そう思ったら急に怖くなって必死で逃げようとしたのか
「助けてジェームズさ〜ん!聖さ〜ん!!」っていいながら
部屋から出てきたみたい(もしくは出してもらった?!)

頭がぐわんぐわんして動悸が激しくなったのはこの頃。
下の私も耐えきれずに前のめりになっている。


まぁひとまず落ち着きましょうか、とジェームズさんが
ミルクティと私の好きそうなしっとりしたクッキーを持ってきてくれた。

聖さんとジェームズさんがそばにいてくれて3人でのんびり話をし始める。
やっと下の私も落ち着いてきたみたいで頭頂に圧力も感じなくなり
周りのビジョンを確認できるようになってきた。


私はどんな格好をしてるのかな?って見てみると、
落ち着いた赤地の総刺繍入りのドレスを着ている。
クリロズに行った時と同じ衣装。
髪は赤茶系の金髪のロングでゆるやかなウェーブがかかっている。
頭にはドレスと同じ刺繍入りの生地で独特な形のかぶり物。
この帽子、なにみえ二期生の企画の時にもかぶってたなぁ…。
ナウシカのかぶり物に似ている。

最初だけかもしれないけど
クリロズとアカデメイアの建物の雰囲気が似てるな〜と感じる。

上に登場してきた私はクリロズでもアカデメイアでも同じ人のようで
クリロズでは少女のあどけなさが残るくらいの10代後半から20代くらいの外見。
アカデメイアではその女性が少し成長して30代に見える感じでした。

上での私は、自信に満ち溢れるような話し方で
でも嫌みのない感じで屈託がない。
下の私ではきっと聖さんを前にしたら緊張して
何話していいんだかわからなくなるんだろうけど
上での私と聖さんは前から知り合いであるかのような打ち解けた会話をしていた。
ジェームズさんとも仲がよさそう。


何よりも聖さんのその女性を見つめる視線や表情が
とても優しいことが印象的だった。
愛情のようなもの(どんな種類の愛情かはわからない)
なんだろうこの空気は。
根源の部屋に入ったからなのか、聖さんに会ったからなのかわからないけれど
いくつか様々なビジョンが見えました。(それはとりあえずメモに留めておきます)
とても穏やかで素敵な時間でした。

その後、聖さんの司令室?にも通してもらって
そこでもお話をしいていたけれど何かを懐かしむ心地がした。


まさか初見でこういうひとときが流れることは想定していなくて意外でした。
以下のようなことを口にすることに緊張しますが、その二人を客観的に見ていて
遥か昔の聖さんと何かご縁があったのではないかなぁという印象を持ちました。

ふとクリロズの歴史で出てきたシリウス系の3兄弟の話が浮かびました。
「聖さんはその3兄弟とどんな関係だったのだろう…」
するとタイムリーにも聖さんのブログで3兄弟の弟さんだった…という
内容を拝見して しばらくPCの前で動きがとまった。という経緯があったりします。
もっと自分を掘り下げて行きたいこの頃です。

今偶然にアカデメイアの「?疑問・お悩み? 談話室」トピにて
たみえさんのとても興味深い素敵な内容の日記の一部を読ませてもらったのですが
きっと何かのご縁と感じたのは
私の神話(言葉お借りしました)のお話なのかもしれないと感じています。
私の芯、私の軸ですね。


話は戻って、私は他のお部屋に入るとかはなくて
今日はとりあえずこの辺で。と世界樹の方へ行くことにしました。


世界樹へはどうやって行くのかなって考えてたら、背中に妖精の羽みたいのが生えてきて飛んで世界樹に近づいちゃった。
途中でこの羽飛びにくいなぁって思ったら今度は天使の羽に。スイスイ〜って世界樹に近づけた。
「本当は羽なんてなくても飛べるんだけどね」ってどこかから声がする。

「ただいま〜」って世界樹に抱きつく私。(← ただいまってなに?!
世界樹も枝のような葉っぱのような緑の光が両腕のように広がって
私を包んでくれた。
今世でここにくることを待っていてくれたのかなぁ
世界樹と何か話をした後、俯瞰でアカデメイアの周りを飛んでいるビジョン。

森があって屋敷があって、岩場があって川や湖があって。
その水の流れがアカデメイアの終わる場所から滝のように流れ虹が出ていた。
自然に包まれた素敵な場所だなぁ。

帰り際、もう一度屋敷に顔を出して、ジェームズさんと聖さんにまた来ます!と
お礼をしてから戻ってきました。

意識が戻ってきた私。
はっと気付いたら口元がニヤケながら上を見上げて腑抜けてたようです。
洗った髪も冷えきっていてお湯もぬるい。。
急いでお風呂からあがったら、時計は2:55でした。

約1時間もお風呂に入っていたようです。。
いつもなら30分の瞑想なんだけどな。


そんな感じの1stチャレンジでした。
妄想じみてて恐縮です冷や汗


この一連のビジョンを見てからというもの
ドラゴンライダーとドラゴンの関係とかドラゴンライダーのタイプ、
例えば「戦う部隊」「守る部隊」「戦陣」「本拠地」「拠点」みたいなところに
それぞれの役割や能力を持ったドラゴンライダーがいたんではないか?!
今までは戦うドラゴンライダーのイメージしかなかったもので…
私にもそういう過去生があったとしたら、どんな特技を生かしてどんな役割で存在していたのだろう。
もしかしたら、そんなドラゴンライダーたちを身近に見守っていた誰かだったのかもしれません。
そんなことがふと浮かびました。


そして「愛情」について。
今の世では自分の中で特別で狭い対象や尺度に愛とか恋とか名付けがちだと思うのですが、ドラゴンライダーとかいた頃…ずっとずっと昔には
そんな愛とか恋とか繊細な愛情を向ける対象は広く、尺度も大きかったんではないかな〜と。
今までそんなこと考えたこともなかったのですが、今日むくむくと浮かんできました。
その昔の感情を今の自分のフィルターで見ると
当時の複雑で繊細な愛情が3D化してみえてしまう…どこか陳腐で狭義。。

うまく言えただろうか。。
言葉にすると難しいです。





浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(0) / - / バオバブ /
「私」を信じる私 2
ぶは〜汗

銀子ちゃんのmixiのとこいってもシンクロだし
クリロズトピ行ってもローズまりあさんとシンクロな内容だ。。

みんないろいろ感じて考えてるってことなんだぴかぴか

クリロズに初めて行った時、
ドラゴンライダーの記憶を思い出した(?!)とき、
過去生を思い出そうとするとき、

紡ぎ出される言葉に映像に
「そんなはずがない!」「まさか!」「都合よすぎ!」
「なにみえの影響受けすぎ!」「それって願望じゃない?」って
話の内容に耳を塞ぐ自分がいます。

もう、これからは
そんな自分とは卒業です。

そうはいっても右から左へ文字にするのも危険なので
落ち着いてゆる〜く受け止めて咀嚼して文字にしたいもんです。
んでもタイミングってのもあるからなぁ。
なんとも難しいもんですが
そこんとこ深く考えすぎないほうがいいのかなぴかぴか

だからこそ、自分の感覚を確かめたくて
今宵も明日もクリロズ、アカデメイアへGO 〜〜〜!!
浮き島・アカデメイア・クリロズ / comments(4) / - / バオバブ /