何か先へ進むためのノート
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Tree☆


<< 2度目のお伊勢さん / main / 天上と水色の光 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
銀河新年 7月26日

7月26日は
13の月の暦では新年でした。
今年はどんなシンクロが起こるのか楽しみです。

この暦を通して28日周期と月の満ち欠けを
自分の感情と体調に照らし合わせてみようと思います。


7月26日は、私にとって少し前から楽しみにしていた日でした。
数名の方にお会いしてお話を伺う機会の日。
私の今世での使命や目的、
自分の軸やルーツをまたひとつ紐解く1日でした。

なんとなくは感じていたものの
・「ライトワーカーとしての目覚め」が今世の私の目的のひとつにあるようです。
 まずは自分をもっと浄化しなければ。
 ネガを解き放す。

・やっぱり宇宙的な存在さまがいらっしゃるらしい
 やっぱりというのはこちら【過去日記】
 そしてこの存在は、ライトワーカーとしての役割を応援して下さっているとか。
 この日のリーディングによると直接的なサポートではないとのことです。
 宇宙との繋がりも大きいとのこと。ますます掘り下げたくなります、自分のこと。

・ギリシャ神話に出てくるような羽のある天使さまがついていてくださって
 いるようです。芸術性を助けてくださっているとのことです。
 哲学者のようなローブを身に纏った男性とのこと。
 前にみてもらった「ビリケンさんのような陽気な天使さん」とは趣が違いそう。
 (上の過去日記参照)とはきっと上の宇宙的な方の方かな?!
 
・魂はとても古く、石の文明やピラミッドや太陽などが
 キーワードやイメージとして浮かんでこられた様子。

・何か「かくこと」描くこと・書くこと・形にすることが
 今世での目的のようです。
 感じたことを形にできるというセンスと芸術。

・そして、やっぱり何か大きな神様のような悟られた存在に見守られている、
 ということ。

おかげ様で今世は大病も大事故もなくやりたいことができています。
多くの理解者に恵まれ、何かの度に誰かにサポートされ
切り開く道は振り返れば独特な人生です。
でもそれは努力して歩み続けているからこその
目の前に差し出されたプレゼントであると自負しています。
そんな守って頂いている存在が、ある人には水色のオーラで感じられるそうです。
その守りに応えるように私らしく生きたいと思います。


いままでいろいろあった人生ですが
こうやって眺めてみるとやっぱりそういう道を進んできています。
あぁ、やっぱりそうなんだなぁと。

昔から直感とともに生きてきましたが
何かに気付き、具体的に情報を集め、人に会い、話を聞き
内なる自分と向き合うということを強く意識して実践したのは
今年に入ってから。
あぁ…でも自分で結構いい額のお金を払って自分の過去生や守護霊さんについて
伺ったのは2007年6月でした。
もっともっと自分の直感を大事にしようと思います。




「青い電気の嵐の年」2008.7.26〜2009.7.24

【青い電気の嵐】
KIN159
(Blue Electric Storm)

【キンの書】
私は触発する(触媒作用)ために活性化する
エネルギーをつなぎとめながら
自己発生の母体をseal※する
奉仕の電気の音で
私は豊かさの力に導かれる

【BOOK of KIN】
I activate in order to catalyze
Bonding energy
I seal the matrix of self-generation
With the Electric tone of service
I am guided by the power of abundance



※=シール(確認・認める等の意。封印等の意味ではないようです)


ハイヤーセルフ・守護・天使・神様 / comments(0) / - / バオバブ /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする