何か先へ進むためのノート
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Tree☆


<< カバラ数秘術 / main / RSSに登録させて頂きました☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
タローデパリの本
昨年、タローデパリのカードを購入したときには
日本語版の本、まだ なかったよね…よね^^;?
カード、いつ注文したんだったかな?と思って
調べてみたら11月中旬だった汗


当初、カードにはすごい簡単な冊子がついていて
カラーコピーを切って折ってホチキスでパチン、みたいな…
申し訳ないけれど読んだらますますやる気がなくなるような
そんな仕上がりのものだった。


その後数ヶ月、このカードにはご縁ないのかなぁ
セミナー受けたい程の情熱も湧いてこないしなぁと
眺めるだけの日々がすぎていきましたが
最近、ちゃんとした解説本が日本語訳で出ていることを知って
早速注文してみたら今日届きました。

これがないとやっぱりリーディングできない。。
やっとカードが使えそうで
とりあえずよかったぴかぴか


日本に向けての解説本を作るにあたり
カードの図柄も鮮明度が増し、紙質も向上したようです。
私のはそれ以前?それ以降?とふと思って
マターの4というカードがWeb上の画像と違っていて
日本語約の本と同じ図柄だったので改良後のカードなのだろうか。。
どっちでもいいけど


先日、毎日マヤ暦のKIN日記をつけることにした、と
ブログに書きましたが
併せてタロー・デ・パリの「デイリー・レイアウト」も
続けてみようかと思います。


どちらも共に
その日にはどんなエネルギーが流れ
自分自身と周囲の環境にどんな影響が表れるのかを観察するツールとして
ただ漠然と日々を過ごすのではなく
無意識の中に意識を観るような
直感能力を発揮して いろんなものの間にある関連性を見抜く能力を養う
そんなトレーニングの毎日になりそうです。



とりあえずやってみたもの

【メモ】


【バースイヤー】生涯を通じてのテーマ、性格特性、才能、課題など

7:CHARIOT 戦車 ”すべては道”



主題:的の絞られた意欲
「今やセルフ(自己)は成人し、自らの運命の手綱を引いて走り出す準備は整った。」

セルフコントロール(自己抑制)と賢明なアドバイスで成功の約束。
意志の力、チャレンジを求め、野心を持ち、成功を求めて行動し明確な目的意識を持つ。外的・内的バランスを。




【タロットイヤー】その人のバースイヤーと現在の年齢の相乗的な影響をみる

20:THE ANGEL エンジェル ”すべては帰る”



主題:未来を迎え入れるために、過去を許し、手放すこと。魂の道、許し。

人生の一つの段階が完結する、許しを表現する、真剣に自己評価をするとき、他の人が人生という迷宮の進み方を理解するのを手助けする、自分にとっての天国への入口に辿り着く。

浄化の期間を経て進歩が見られたこと、あるいは衝撃的な決断の後に未来への新しい可能性が開かれる。

「エンジェル」は進むべき道を示す。
決意に必要な準備をし、負債を返済し、揉め事をかたづける最後のチャンスのとき。

許すとは、意識的に現在を肯定し、過去の出来事にしがみついているマインドを解放し、その上で人生を生きて行くということ。

人生で本当に大事なものは何かをはっきりさせ、それに従って生きるように。
霊的な出来事、魂の突然の覚醒を示すカード。



ふぅぅむ
なんだかそんな感じだ、という結果です。
特に2009年タロットイヤーは ドキッとするほどそんな感じのカードです。

文章は本を一部引用したものに留まってますが
いずれ自分のインスピレーションも加えてリーディングできたらいいですね。


ただ カードがデカイから 手がつりそう^^;



出し方は数秘の誕生数の出し方と同じなのかな。
というかタロットはカバラからきているのか。
カバラ数秘術について面白いサイトみつけました。→ その日記



このバースイヤーの出し方。
上のカバラサイトにも誕生数としてあるけど
たとえば今日の日付でいくと
2009年2月9日 生まれの人の場合

2+0+0+9+2+9=22

ありゃ、ちょうど22だぴかぴか
バースイヤーが22の方は、少しめずらしいのだそうです。

こうやって1桁づつ生年月日の数字を足していって
合計が22までの人はそのままの数字を使って
23以上の数字になった人は、またその数字を1桁にばらして足し、
22より小さい数字にします。

これで出たのが、その人のバースイヤー。

本を読んでてちょっと面白かったのが

この誕生数が1桁の人は、物事をありのままに受け取る傾向があって、現在における役割や責任とより深く関係しているのだそう。過去生にまつわる問題は、日常生活においてはさほど大きな影響はないらしい。

そして誕生数が2桁の人は(10〜22)どちらかといえば複雑な人で、そのうち10〜22になる人は、過去世の経験を今現在の現実に統合する必要性が高いでしょう、とありました。



ふぅぅむ
なんだか興味深いお話です。



そんでこちらは上のカバラサイトにあったのですが
<奇数と偶数の違い>

一般的に、奇数と偶数では性格が少し異なります。

奇数の人は物事を頭で考え感情を切り離すことができますが、偶数の人は自分の感情に正直です。そのため奇数は奇数と相性が良く、偶数は偶数と相性が良い傾向がありますが、どちらが優れているわけでもなく、長所・短所はあります。


引用ページ → コチラ


この数字は、人だけでなく自然界や社会の出来事にも対応しているそう。
確かにそうだ、数字、やっぱり面白いなぁ。





日本語版 タローデパリ:HP

こちらですべてのカードの画像を見れます
・大アルカナ → コチラ
・小アルカナ → コチラ

タロット:タロー・デ・パリのカードと本の販売ページは →コチラ




オラクルカード・タロット / comments(0) / - / バオバブ /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする