何か先へ進むためのノート
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Tree☆


<< 高野山と上杉謙信、千の風になって / main / アニマルメディスン【トカゲ】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
毘沙門天
これも一応「過去世」のカテゴリにいれとこ。


「毘沙門天」
これもひとつキーワードかもしれない。


大阪で一番身近で大好きな場所が信貴山。
ここは相棒とワンコとよく夜中でも遊びにいっているところなのですが
とても居心地がよいのです。

そこは、毘沙門天王が日本で最初に御出現になった霊地で
毘沙門天王の総本山。


思い出せばいろいろ出てくるけれど
数年前に二年参りをした時にその年初めてのおみくじをひいた時も
毘沙門天さんが一緒についてたなぁ。
今お財布調べたら毘沙門天だった。
今年の初詣も信貴山に決定か?!




最近の謙信公繋がりのできごとを振り返ると
謙信公は自ら毘沙門天の転生であると信じていたと伝えられているくらい
毘沙門天を厚く信仰していた。
後で調べてみると
高野山にあるお堂だと思っていたものは
謙信公から8代目までが高野山にお骨を納めにきていた
正式なお墓だそう。
米沢の方は分骨なのだそうだ。
(自分で調べたわけではないから100%な情報ではないけれど)


おそるおそるUP
高野山の上杉謙信のお堂
(他者サイト様から拝借)


高野山の霊宝館を訪れたとき
ある部屋に入って目が釘付けになったのも毘沙門天立像だったなぁ。
本館放光閣にある快慶作の四天王立像の中の毘沙門天。
他にも四天王立像とかいろんな立像・坐像とかあったのだけれど
電気が走ったのはこの1体だけだった。

佇まいが優美で強く穏やかで色香もある
何だかすっごいカッコイイ!
一目惚れってこういうことを言うのだろうなぁ…
快慶、天才ぴかぴか




んー…どうしても画像が見つけられないので
同じく快慶作の「増長天像」。
毘沙門天はポーズがまた違うのですが
お見せできないのが残念。
明日にでも図書館いこうかな。


相棒と「快慶の毘沙門天、めっちゃカッコイイ!!」を連発しながら
霊宝館を後にしたのだけれど
もしかして昔むかし、どこかの私も毘沙門天を信仰していたのかもしれない。
そして守ってくださっている…といいなぁと思うのでした。



過去世 / comments(0) / - / バオバブ /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする