何か先へ進むためのノート
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Tree☆


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
過去生、イシス、魔法使い
10月16日の夜のこと。
「自分の過去生と逢う」と意図して眠る前に瞑想をしてみた。

扉を開けて向こうの空間へ入る。
歩みを進めるたびに自分の姿が徐々に変わっていく。
オーガンジーのように軽い素材のロングドレスを着た女性になっていた。
どこかエジプトっぽい。
その女性は満点の星空を見渡せる夜の草原にいた。
星々の光のシャワーがその女性に降り注ぐ。
女性は両手を上に広げてそのシャワーを受け取る。
手には杖のような何かを手に持っていた。
いつも夜空の星たちとそうしているように
慣れ親しんだ雰囲気が漂っていた。

しばらくすると、兵士たちがどこかからやってきて
その女性は捕えられてどこかへ連れていかれたようなビジョンが流れた。
この日のビジョンはここで終わり。

その女性の顔を見ると
「なんだっけ?!このプリンセステンコーに似てるヒト…」
「あぁ、女神カードのあの絵だ」
ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードシリーズの
女神のカードの「ISIS」が浮かんでくる。

今日、カードの意味を調べてみた。
すると…

【 I S I S 】イシス、「Past Life = 過去生」
うわー…ズバリ過去生と出た…。
ちょっと驚いた。

意味:「今この状況は、あなたの過去生の記憶と関係があります」

メッセージ:「あなたのこの惑星での根源は思いのほか強く深いものです。
ある根源は、ずっと昔の過去の記憶につながりがあります。この根源はあまりにも深いために、あなたが前へ進もうとすると麻痺して動けなくなるほどです。私がこの状況についてあなたの注意を引いた理由は、過去生の記憶を根こそぎ引き抜いて欲しいからです。精神的な痛みや屈辱など限界を超えるほどの困難を体験した過去生の記憶を自ら見えないようにしていることもあります。過去生から学んだレッスンを表へ出しましょう。あなたは昔、とても強く賢い魔法使いだったのです。過去に培った賢人の知恵を自信に換えて、これからはもっと前へ進みましょう。」

カードの意味:洞察力と答えを見つけるために過去生退行催眠を受ける・過去生から来る昔の怖れが表面化している・過去生に関係のある人と知り合う・現在の状況は子供時代の問題と関係がある。

イシス:エジプトの女性最高聖職者である月の女神。神なる魔法と錬金術の女神でもある。




そして、今日
上記の瞑想に関連するカードをひいてみると「RHIANNON」
調べてみると、

【 RHIANNON 】リーアノン、「Sorcerss = 魔法使い」

意味:「あなたは明確な意図を現実にすることができる、魔法使いのような人です。」

メッセージ:「私の力の大部分は、動物や自然に深く関わりを持っています。もしも、あなたが家の中に長く閉じこもりすぎているのなら、単に一歩外へ出ることで、あなた自身の力を甦らせることができるでしょう。この簡単な行動によって、あなたは眠気から覚め、マジカルでスピリチュアルな自然の存在に気づくことができます。太陽や月、そして星の光が、あなたの中に眠っている古代の記憶を呼び覚ますように。
昔、あなたがマジカルな能力を持っていた頃のことを思い出すのです。そして、その力を今すぐに、惑星全体のために役立てて欲しいのです。
昔、過去の指導者たちの過ちによって中断されたあなたの使命を、再び行動に移してください。スピリチュアルな能力を携えて、夜の暗闇の中へと素早く滑り出すのです。昔、人生そのものだった魔術的な力を、今すべて目覚めさせましょう。これはあなたが成し遂げるべき、ひとつの使命です。あなたは、その力をもって私たちを助けてくれるはずの人物なのです。」

カードの意味;夢が実現するという強い信念を持つ・明確な決断をする・自分の夢を実現させるためにエネルギーを注ぎ込む・すばらしいものを手に入れる資格があることを知る・自分がうまくいけば、他の人も同じようにうまくいく

リーアノン:月の女神。詩人と芸術家のインスピレーションに重要な役割を担う。


なんだか重なるキーワードが出て来てびっくり。
過去生を辿るタイミングなのかなぴかぴか
想像を超える自分も信じてみようと思えるできごとでしたぴかぴか







過去世 / comments(4) / - / バオバブ /
過去生を思い出すとき
「過去生を思い出せない」というのは
自分が「まだ過去生を思い出したくない」と思っているからだ。
ということをある方から伺いました。

今世でいくらまっとうな人生を送っていると思っていても
過去生では様々な罪や間違いを犯しているのだろう…
そして辛い経験もたくさんあるはず…

今世の自分のモラルを覆すようなことを
過去生の自分がしていたら?! されていたら?!
それを知った瞬間、自分は自分のことをどんな風に見つめるのだろう。
そういった行いがまかり通ったその時代の背景や習慣を
興味深く見つめるのだろうか。

占いとか遊びのような感覚ではなく
何か必死になって「過去生を知りたくなってきている」というのは
過去生を思い出したくない自分が次へのステップへ足を踏み入れた、
ということなのだろうか。。


人によってはいろんな考え方もある。
過去生は思い出さなくていいもの。
思い出さないように何らかの存在によって封印されている。
誰かのアカシックの情報をそんなに簡単に見れるものではないのだから
外に自分の正確な情報を求めるのは危険だ。
アカシックが見れるといっても
その情報源はアカシックの写しの写しだったり(←これはよくわかりません
その見る人のフィルターも通っているから事実性はますます疑われるものだ。
催眠誘導で本当の過去生を引き出される人はほんの数パーセントしかいない。
などなど…


なにがネガティブでどれかポジティブなんだか
いろんなものを読めば読む程わからなくなりますが
結局のところどうなんでしょうね。


最近、自分の過去生を見てもらいたいなぁと思っている方がいるのですが
上記のようなことを頭に入れながら見てもらうならこの方かな、と。
でも最後の最後で申込みができないでいます。
場所が遠いのと、その分料金がかかることと
そこまでして知りたいのか?その人は信用できるのか?って
頭の中ぐるぐるしています。
今までにも何人もの方から過去生のことは聞いているのでいまさらなんですが汗
うーん、たぶんその事にお金使う前に他にしなきゃいけないことがたくさんあるでしょピピピ
っていう自分が強いのかな。
今ここに生きることに集中しなさい!ていうことなのだろうか。


過去世 / comments(2) / - / バオバブ /
前世が人間だった犬
いま私と一緒にいてくれてるワンコが
過去生では私の幼子だったかもしれないという話をとある方から聞きました。
あくまで可能性だからそうだと断定された訳ではありません。
それでも私とそのワンコは縁が深いとのこと。
なるほど〜うれしいなぴかぴか
そういえばワンコとの出逢いは
何かに導かれるように、足踏みしてる私の背中を誰かに押されるように
今思うと頭が半分寝てるようなうつつ状態で急遽新幹線に乗ってブリーダーさんに会いに行ったんだったなぁ。
ワンコOKのアパートじゃなかったのに、そんなにお金の余裕もなかったのに
「なんとかなるぴかぴか なんとかするジョギングって思ったんだった。


思いきり甘えることができないまま
幼くして亡くなってしまった自分の子供。
だから今世では甘えん坊らしい。
実際ホントに甘えん坊です。
思いきり甘えさせてあげなさい、とのことでした。
この言葉を聞いて、心の氷がすうっと溶け出した。
あぁ、そうかそうかぴかぴか それでいいんだ



犬は一番人間に近いって「シルバーバーチの霊訓」に書いてあったなぁ。
(シルバーバーチの霊訓 五 より)
シルバーバーチによると人間に一番近い魂は「犬」だとか。
その次は「猫」。
猿を越えてしまっているのだそうです。
でも心霊能力からすれば今の人間は動物よりも劣っている。
人間は文明と引き換えに心霊能力を犠牲にしてしまった。

話はそれましたが、一度人間として産まれたものが
犬となってこの世に産まれるというのはありえるのでしょうか。
たぶん例外ってのはどこにでもあるのでしょうが
そこが腑に落ちないところです。
例外って何が例外なんだかわかりませんが^^;
何が正解とかないのかな〜誰の話や本の内容であっても
最終的に自分の信じるところに真実があるんだろうか。

そんな疑問を持ちつつも
私はこの話を聞いて否定的にはなりませんでした。
むしろ「ありえるかもぴかぴか」って思いました。

うちのワンコは時々人間ぽい。
表現豊かな表情や仕草など
人間とコミュニケーションを取りたがるところや
自分の思いや気持ちを人間に解るように主張するところなど
人間の子供じゃないかと錯覚することもよくあって
よく相棒と冗談で
「このこはね〜きっと前世で○○(私のこと)をすごく好きだったやつで
今世では犬でもいいから○○の側にいたい!って願ったやつやわ!」
「中身犬っぽくないし」なんて言ってたのです。。

過去の男の人じゃなくて子供か〜と思ったのでした。

真実はわかりませんが
ワンコに対してもっともっと愛情深くなったのは確かです。
そうやって愛情深めるために今回のお話が出たのかも、とも思ったり。

「私のところに産まれてきてくれてありがとうぴかぴか
そんな気持ちです



過去世 / comments(2) / - / バオバブ /
歌うヒト
数ヶ月前のできごとですが印象深いのでメモ。
たぶん過去生の記憶な気がします。

手づくり石鹸を作っていたときのこと。
ガラスのボウルにいろんなオイルを入れて
水で溶かして熱くなった苛性ソーダも入れて
アロマオイルもたくさん振りかけ
小さな泡立て器で混ぜ混ぜしていました。
手を止めないように30分くらい油の色がとろりと白くなるまで
混ぜ続けないとダメって本に書いてあって
混ぜる腕も疲れたので、指先で泡立て器をつまんで
指の腹で右へ左へころころ転がしていました。
ガラスボウルの縁を泡立て器がコロンコロン転がる音が心地いい。

夏も始まりのころ、西日がキッチンを照らし
辺りがオレンジ色に染まりました。
と、その時…
どこか異国のおばあちゃんの歌声とともに土っぽいビジョンが広がりました。
土でできた家の壁、道路も土、赤土とかベージュの土。
辺りに緑は少ないかな。
空気も乾いていて土っぽい。
ちょっと高い場所にある地域のよう。
異国の言葉でおまじないみたいな歌を歌っているおばあちゃん。
顔には日焼けと乾燥によってできた深いしわがたくさん。
鼻が高く少し鷲鼻。
髪は黒かブラウン。
肌は褐色系。
南アンデスとかインディアン系?
土っぽい家の入口には小さなステップがあって
その辺に腰掛けながら道路に何か陶器の壺を置いて混ぜ物をしている。
側で少女がそれを見守っている。
薬をつくっているのか、何かスープを作っているのか
その土地の古くから伝わる呪文のような歌のようなものを口ずさんで
ゆっくりかき混ぜている。
ちょうどその時私が石けんを指の腹を転がして混ぜているように
穏やかな時間。

いまでも声や歌の雰囲気を覚えています。
自分はあのおばあちゃんだったのか、側にいた少女だったのか。
そんなに便利な世の中じゃないけど幸せそうでした。




過去世 / comments(0) / - / バオバブ /
日本の神様とたんたんさん
「なにがみえてる?」の最近のブログ記事の内容と併行してて
ちょっと驚きつつ、どんな展開が?!とドキドキしながら
先日たんたんさんとお話できる機会を持ちました。

時々お話がしたいな〜っていうタイミングで
いろいろな方とお話したりお会いしたりしているのですが
今回のお話で、私のフォーカスがガッチリ「日本」に向いました。

大和、飛鳥、生駒などなど。
今住んでる家のこととかワンコのこととか
心がほかほかするお話もあり、視野の広がるお話もありで
とっても充実したお時間でした。
先史時代や縄文弥生の頃を卒論のテーマに選んでいたのも
いろいろ縁があるから、っていうのもなるほど〜ぴかぴかと。
そして自分の過去生由来ではないけれど
遡る家系で武田・上杉と関係するものがあるらしい。
なんだか最近のなにみえブログとシンクロしますね…

たんたんさんを通して自分の中で浮かんできた映像。
その中で浮かんだお名前が2つ。
「みよ」さんと「ヒプノス(ヒュプノス)」。
みよさんの方は、日本昔話に出てきそうな緑濃い山あいの風景。
時代は中世くらいでしょうか。
山肌に細い階段が続くお寺か神社に使えていた女性のよう。
穏やかな優しい笑顔でしたが、人間関係に苦労した様子なのかな
自分よりも周りの人々を優先にしてきたような人生のように感じました。

もう1人は、ヒプノス(ヒュプノス)。
ヒプノセラピーに関心があったからってこの名前?!と思ったけれど
ぱっと頭に浮かんだんだからしょうがない。
この人がビジョンに出てくる前に白い砂浜と青い海が見えた。
エーゲ海とかその辺りだろうか。

ヒュプノスで調べると、ギリシャ神話に出てくる「眠り」の神様のよう。
その辺の詳細はピンとこないけれど
その黄金に光る人の風貌・姿形が、ここ最近ハイヤーセルフとコンタクトを
取ろうとすると登場する人なのです。
「?」は深まるばかり。
とにかくもっとコンタクトを取ってたくさんお話したいです。


あとは竹内文書とか日月神示などのキーワードをもとに
いろいろ情報を掘り下げる毎日。

そして日本の神様や自然霊さんとのおつきあいの仕方を
もっとちゃんと勉強しないと、と思う。
日本には八百万の神々がいると言われますが、接し方もなんだか複雑そう。
邪心や中途半端な気持ちで近づくと大変な目にも遭いかねないということで
まず手始めに、偶然見つけた「日本の神様カード」を買ってみましたぴかぴか



カードも説明書も箱もお値段も、オラクルカードとよく似ています。
抽象的なイラストもとても素敵。
このカードに登場する神様は
「神倭伊波毘古命(かむやまといわれびこのみこと)」よりも前に姿を現された
より古き48柱の神々だそうです。
もっと有名な神様もいるだろうに…と思っているとこんな文が。。
「そして日本の神々には隠れた存在として、表立って活動することを好まない方も
おられるということで、そのような神々はそっとしてあります」ぴかぴか
↑こういうところも面白い。日本らしいのかなぁ。
カードに登場する神々は、多くの方に触れ、繋がる事を望んでおられるそうで
カードにはその神様たちを祀っている全国の神社の情報も書いてあります。

「天使さんや聖人やドルフィンや妖精さんのカードはあって
なんで日本のカードはないの?!」って思っていた人に嬉しい一品です。
かくいう私もこんな面白いカードがあったとはぴかぴかと即買いでした。

日本の神様に少しずつお近づきになれたらいいなぁと思います。


そして、思い立ちました。
今度帰省する足で榛名神社と榛名湖に行ってこようと思います。
大自然あふれる大きな森でもあり、パワースポットでもあるこの場所は
一体どんな空気なんだろう。楽しみですが心して行ってきますぴかぴか





過去世 / comments(0) / - / バオバブ /